Adobe CC 2020が2台同時起動できるか徹底検証してみた

Adobeの最新ソフトをインストールして使ってみたい!

だけど何台までインストールできる?

そして同時には使えるの?

古いAdobeを使っていたけど、新しいAdobe CCはどんなメリットあるの?って気になることを人柱になって全て解消します。

Adobe CC 2020のインストールは何台まで?

まずインストールが何台できるか、人柱となって実際に試してみました。

1台目Macへ普通にインストール。MacBook Airでバージョンは一つ前のOS 10.14(モハヴェ)。

2台目が自作PCでWindows10 Proへインストール。

そして3台目Mac Pro2008でOS 10.11へインストール。

さらに4台目MacBook Airのブートキャンプ起動したWindows7へインストール。

インストールは4台問題なく完了しましたので、5台、6台とやってもおそらく問題ないと予測できました。

Adobe CC 2020の1ライセンスで2台同時起動はできるか検証

もっとも気になるのは1つのライセンスでMacとWindowsに一台ずつ2台ヘインストールして、その2台で同時にAdobeソフトを起動出来るかどうか。

ということで人柱となって実際に同時起動できるか試してみました。

まず1台目Macのイラストレーター起動、もちろん問題なく起動できました。

そして2台目Windowsのイラストレーターを起動すると、難なく起動できました。

3台目は試していませんでしたが、2台の起動ができることでもとても便利に使えることがわかりました。

しかしいつでもそうなるとは保証の限りではありません。

現在Adobeは1ライセンスで2台同時起動できないと公言していますので、その監視を強める措置はいずれしてくるかもしれません。

Adobeはインターネット経由でライセンスを監視している

Adobeはソフトを起動する時、終了する時にインターネット経由で起動・終了したことをバックグラウンドでAdobeへ通知をしています。

これはネットの無料のネット監視ソフトやセキュリティソフトで接続を目視で確認することができます。

インターネット接続をしてどのライセンスがどのマシンで起動しているかを常に監視していることを意味しているので、であればネット接続を遮断した状態で起動すればいいのでは?

だれしも想像すると思いますが、それをAdobe CC 2019のとき実験をしたところ、接続をしないと起動途中で終了のコマンドしか選べず起動できないことがありました。

しかしCC 2020になってからは接続をしてくださいというアナウンスが起動途中で流れるものの、「続行」というボタンが表示されるようになり、接続をしなくても起動出来るようになっていました。

まとめと感想

2020年3月現在での確認内容なので、都度確認して適宜内容更新してまいります。

現在は1ライセンスで4台までのインストール、2台までの同時起動、さらにはネット接続をしない状態での起動確認までできたので、これからAdobe契約という人に朗報と言える情報まとめとなってひとまず最新Adobeおすすめできる内容で何よりでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました